Pâtisserie Glacé was started in 2008 with the aim of bringing the best of Japan’s cakes, pies and cookies and tarts to Singapore. Chef Tomoko helms it

From inception of Pâtisserie Glacé to the current daily operation, Chef Tomoko and her staff have been intimately and passionately involved in getting all the products taste like they would in Japan. The style of Glacé’s pastries resonates with her core beliefs that the ingredients must be of the highest quality without any preservatives, creations that a mother will serve her child.

Tomoko and her partner opened Pâtisserie Glacé with the objective of making healthy, tasty and moderately-priced Japanese pastries accessible to the majority of Singaporeans.  Since 2010 Pâtisserie Glacé has been conducting popular baking classes so professionals and amateurs can also “Bake Like Glacé”.  

シンガポールに日本のおいしいケーキ、パイやクッキーなどを紹介するため、2008年、パティスリーグラッセがオープンしました。シェフ東口智子とそのスタッフは、日本と変わらぬおいしいケーキをお客様に提供する為、手間ひまを惜しまず日々ケーキを焼いております。また、「グラッセ」は、「質の高い材料を使用し、保存料を使用せず、母として子供達に安心して与えられるお菓子を作っていく」というシェフのケーキに対する理念を共有しています。

ヘルシーでおいしい日本のケーキを手頃な値段でシンガポールの方々に食べていただくため、彼女と彼女のパートナーは「グラッセ」をオープンしました。そして2010年10月、グラッセはケーキ教室を始めました。アマチュアの方もプロの方もグラッセのケーキをご自宅で簡単に焼く事ができるようになります。